不動産

不動産取得税がかかるケースと減じられるケースについて

不動産を取得するときのイメージとして、土地や住宅、マンションなどの購入時があるでしょう。
売買契約をして取得をすれば、それらの不動産を取得したことになります。
取得をしたときには不動産取得税がかかることになっています。
それ以外にも取得した感覚がないのに不動産取得税がかかる場合があるので、注意しておく必要があります。
まずは無償取得です。
つまりは贈与を受けた時です。
相続の場合は、無償でも不動産取得税はかかりませんが、一般的な贈与の場合はかかります。
ですから負担をしなければいけません。
意外なところとしては増改築があります。
増改築をすると、それに応じて登記などが必要になります。
建物の広さが増えれば、その分を取得したとなり、税金が必要になります。
不動産取得税を減らしたい場合ですが、一定の条件を満たす新築住宅、中古住宅を取得した場合、課税標準から減じてもらえることがあります。
特例適用住宅などを取得すると得られるので、事前に適用されるかチェックしておきましょう。
".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

について

不動産関連情報

不動産投資の主な特徴と基本的知識

不動産投資のビギナーで、現在の地位を投げ出して、本業という形で不動産投資を実施していこうという方は、

不動産投資にはさまざまな種類がある

不動産投資にはさまざまな方法がありますが、それらは主に4つの種類に分けることができます。
まず

引越しの時に確認すべき不動産物件の対策

マイホームなどの不動産物件を購入したり、借りたりした場合には、家具などを搬入しますが、その場合重要な

最新の不動産